ロゴ

マットレスで変わる腰への負担

腰痛予防は睡眠がカギ

腰痛は、悪い姿勢や激しい運動などでも起こってしまいます。しかし、新たに腰痛が発生したり悪化したりしてしまう大きな原因の1つが寝る時の快適さです。自分に合ったマットレスを見つけて腰痛にならない睡眠ライフを手に入れましょう。

腰痛予防マットレスの選び方

反発力で選ぶ

普段使うマットレスは、良いものを選ぶと腰痛防止に大きく役立ちます。マットレス選びで気をつけたいポイントの1つが反発力です。腰痛を予防するためには体重に合った高反発タイプを選びましょう。低反発だと身体が沈みすぎてしまい結果的に腰に大きな負担をかけることになります。

耐久性で選ぶ

2つ目に大事なポイントがマットレスの耐久性です。マットレスが劣化しやすいものを選んでしまうと品質も悪くなり腰への負担がかかりやすくなります。最初の試し心地が良くても、購入した後に長く使えるか確認するようにしましょう。

寝心地で選ぶ

反発力や耐久性が自分に合っていても、自分にとって寝心地が悪いと意味がありません。ストレスをためないためにも寝心地で決めることも重要なポイントです。腰痛予防を目的に購入する際は、特に仰向けの状態や寝返りをした際の心地よさを重点的に確かめてみましょう。

価格で選ぶ

もしも、いくつかの候補の中からどれを購入するか迷ったら価格で選んでみましょう。マットレスは基本的に高ければ高いほど素材や耐久性が良くなります。予算内であれば、できるだけ高い方を選ぶと後悔する可能性を少なくすることができます。

マットレス選びについて

腰痛

マットレスの反発力に注意

運動や普段の生活で腰痛になり、腰痛改善グッズにお金をかける方も多くいますが、腰痛改善や腰痛防止には、寝具も気にする必要があります。人は一日のおよそ4分の1以上を睡眠に費やします。そのため、寝ている時の腰への負担は大きな影響を及ぼします。寝具の中でも最も気にしておくべき要素は、マットレスの反発力です。マットレスを選ぶ際に反発力について知っておくだけで大きく腰痛の痛みを変えることができます。

低反発は腰痛予防になるのか

ゆっくり身体に馴染んで沈む低反発マットレスは、まるで浮いているような感覚で寝ることができるため、低反発タイプが好きな方は多くいます。しかし、低反発マットレスは一度沈み込んでしまうとその状態から動かないため腰には大きな負担がかかりやすくなります。また、低反発では寝返りも打ちにくいため血流が悪くなり腰痛悪化の原因にもなります。低反発マットレスは寝心地が良く向いている人には最適なマットレスタイプですが、腰痛持ちの方や腰痛を防止したい方は注意する必要があります。

高反発だと腰痛防止になるのか

腰痛を防止したい場合は、高反発マットレスにも気をつけなければなりません。高反発マットレスを選ぶ際は自分に合った反発レベルのマットレスを選ぶ必要があるのです。体重が軽い方が高反発すぎるマットレスを使ってしまうと腰などの重い部分ですら沈みにくく結果的に負担がかかってしまいます。逆に体重が重い方が反発レベルの低いマットレスを選ぶと腰などが沈みすぎて腰に負担がかかります。高反発マットレスと一口に言っても反発レベルは大きく変わるので自分の体重に合った反発レベルのマットレスを選ぶようにしましょう。

広告募集中